2019年08月28日

今週のハロプロ.6

とある番組で、ヤバイtシャツ屋さんのありぼぼさんが好きな曲として紹介していた「通学ベクトル」。この曲は、雨が降ったときだけ同じバスに乗り合わせる男性に恋をした女の子の気持ちをうたったもの。(少女漫画の話みたいで書いててこっぱずかしくなりました。)


そんな曲なので、女の子は雨が降ってほしいという気持ちを持っているのですが、この歌ではその気持ちをるてるてずうぼ」と表現してます。

「雨が降ってほしい」でもなく、「てるてるぼうずをひっくり返す」でもなく、「るてるてずうぼ」とつんくさんは表現するんです。うーん。尊敬。
posted by 石田泰浩 at 16:34| Comment(0) | ハロプロ曲紹介 | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

モーニング娘。19ロッキン出演前後のTwitterフォロワーの可視化

ロッキンにモーニング娘。19が2年連続で出演した。今年は「GRASS STAGE」という6万人収容のロッキン最大ステージのトップバッターとのことで、出演前からオタクはざわざわしていたが色んなネット記事を見たところ無事成功を収めたらしい。


ロッキンの社長の渋谷さんからも前説にて温かい言葉をもらえたらしく、非常に誇らしい。映像をいくつか見たが、シャボン玉の横山さんのセリフ最高(語彙力)。

さて、僕は去年のモーニング娘。19のロッキン出演の反響を見ていて、今年も盛り上がるぞと確信していたので、ロッキン出演前後のモーニング娘アカウントのフォロワー情報を取得していた。その状況を可視化してみたので、まとめてみる。



フォロワー数推移


以下の図がモーニング娘フォロワー数の推移。実際に取得しているのは赤で囲んだ4時点。図から分かる通り、傾きがロッキン前後(2つ目→3つ目)でぐっと増えている。ロッキン直後から1週間後(3つ目→4つ目)になると伸びは落ち着く。
彼女たちのロッキンでの頑張りが数字として現れましたね。おめでとう!

suii題.png

 

フォロワーのプロフィール


フォロワーのプロフィールを最近習得した文章の分類モデルに使われているトピックモデルにかけてみた。プロフィール文章の分類なので、「どんな人たちがいるのか」を推定しているモデルと読み替えて解釈する。
可視化した人は次の3種類の人たち。前からフォローしていたstay、新しくフォローしたin、フォローを外したoutの3種類。ロッキン前後でフォロワー数だけ見ると600人程の増加ですが、out(フォローを外した人)を考慮すると、in(流入)は800人いたことがわかる。

rokkinzengo.png

まずstay。

staytopic1.png

各箱はフォロワーのプロフィールを12個のトピックに分類したときの、そのトピックに含まれやすい単語を指す。上から2つ目左から2つ目のトピックのみ、ハロワードがない「音楽好きトピック」で、それ以外の11トピックは見てわかる通り、ハロプロのワードで埋め尽くされる。そしてハロプロの各トピックについてよく見ていくと、異なるメンバー名が入っていることがわかる。つまり、推しの違いがトピックになっている。出現しているメンバー名は現メンバーが多いというのも特徴。鞘師鈴木はOGなのにここで現れるのは流石レジェンドと思う。

次にin。ロッキンの直後にフォローした人なので今回一番注目している人たち。
どんな人たちなのか。

newtopic1 - コピー.png

出ました、ロック・プロレス・乃木坂・欅・ジャニーズ・声優、という別オタ界のワードが並びました。この方々はロッキンによって別オタ界から流入してくれた方々なので、手厚く大事にしたいファンですね。
ただ、やはり四角で囲んでいないトピックにはハロワードが並んでいます。これはロッキンの出演によって、モーニング娘をフォローするほどのファンではなかったライトファンたちが、ロッキンの活躍でより深くモーニング娘に興味を持つようになったものと思われます。このようにロッキン出演によって別オタ界からの流入のような横方向の広がりだけではなく、ライトファンも新たにフォローするようになる縦方向への広がりは納得感あります。
もう一点、別オタ界からの流入の量と、既存のライトファンだった人の割合も確認してみたところ、だいたい4:6くらいで、既存のライトファンの伸びの方がやや多いです。

最後にout。

outtopic1.png

阪神・伊野(尾)・水樹奈々・乃木坂・プロレスといったワードが並ぶ。さっきinで見た人たちと似た人たちですね。inで入ってきた人たちは抜けやすいので、この人たちを大事にしましょう、ということを示唆しています。
※真ん中一番右の「宮崎」というワードが気になったので調べましたが、これは宮崎さんではなく宮崎県のことでした。ですが宮崎県という単語はそれほど多くなく、人数の少ないoutを12分類した点にかなり無理ありました。


おまけ

stayの人たちのうち、フォローが早かった(=昔からフォローしている古参)2000人を抽出してみた。
古参らしさがいっぱいあって、①先ほど見たstayでは現メンバー名が多かったのに対しここにはOGの名前が多い、②他のハロー関連のグループ(注目はアプガ)の名前が多い、③競馬野球などのおじさんワードがある、など。もう少し掘り下げると「北海道」という言葉が気になった。「北海道ハロプロ研修生」があるからかと思ったのだが、北海道の別のアイドルグループの名前を書いている人も多い。「北海道」という地域はアイドルの盛り上がりが激しい地域なのかしら。

stay_Ctopic.png

結果について補足。Twitterのプロフィールというのは記入率が70%くらいです。そして記入しやすい層というのがあって、それがオタクです。よってTwitterのプロフィールをトピックモデルにかけると色んなオタクが浮かび上がってくるのですが、「記入」という行為にかなりのバイアスがあることにご注意。
posted by 石田泰浩 at 22:18| Comment(0) | ハロプロ | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

今週のハロプロ.5

先日サイゼリヤに行きまして、そのときのひとコマ。

20代半ばのバンド風の4人組の方々が私の隣の席につきまして、音楽談義をされていました。ほとんど聞き流していたのですが、ある方がふと、「つんくはまじですごい」と仰っていて、「つんく」というワードが出てきたので、私は隣の会話傾聴モードに入りました。

その方が仰るには「めっちゃの後にホリディなんて誰も書けない」とのこと。アイドル詳しくなくてもご存知の人多いと思います。ハロプロ史上最強の歌姫、松浦亜弥さんの「Yeah!めっちゃホリディ」ですね。



「めっちゃ」の後には名詞は来ないんですが、あえて文法を無視することで休日の嬉しさを表現してるんでしょう。文法無視って作詞家の方的にどうなんでしょうか。普通なのかそれとも禁忌なのか。そういう視点で歌詞を観察するの面白そうですね。

i@yume../ の解釈についても色々な識者がチャレンジしていて、i@yumeは「夢を見ている私」、最後の../は、「ひとつ上の階層へ」と読み取って「夢を見ている私は上の階層へ」。おーなんか意味が通じてきた。toki@meki../についても「ときめきを上の階層へ」。これらの歌詞の直前が、ネガティブな気持ちを表現しているので、自分を奮い立たせる気持ちをつんくさんはこう表現してるんですね。ほんと面白いこと考えますね。

この歌って松浦亜弥さんが16歳のときの歌で、簡単そうに歌ってますがこの歌結構難しいんですよ。ハロメンが松浦亜弥さんの歌を歌うことあるんですが、結構苦戦することも多く、松浦亜弥さんの偉大さをただただ感じます。

松浦亜弥さん、記念ライブとかしないかなあ。
posted by 石田泰浩 at 19:11| Comment(0) | ハロプロ曲紹介 | 更新情報をチェックする